プライバシーポリシー

法的免責事項

ここに記載されている内容は、プライバシーポリシーの作成に関する一般的かつ専門的な説明および情報にすぎません。あなたの事業と顧客および訪問者間で構築されるべき特定の条が事前に把握し得うるものでないことから、その内容が法的助言または推奨事項として依拠できるものであるとは限りません。当社は、あなたが利用規約に関する必要事項を理解し、その作成に関するサポートを受けるためにも専門家による法的アドバイスを受けられることをお勧めします。

プライバシーポリシー – 原則

プライバシーポリシーは、ウェブサイトがその訪問者や顧客のデータを収集、使用、開示、処理、管理する方法の一部または全部を開示する声明とするものです。また、プライバシーポリシーには、プライバシー保護に対するウェブサイトの取り組みや、プライバシー保護のためにウェブサイトが実施している各種仕組みについての説明も含まれているのが一般的です。 

 

法域によってプライバシーポリシーに含めるべき事項の法的義務が異なるため、事業活動や所在地に関連する法律の遵守について確認する責任はあなたが負うものとします。

プライバシーポリシーに記載すべき事項

一般に、プライバシーポリシーには次のような事項が明記されています:ウェブサイトが収集する情報の種類とその収集方法、ウェブサイトがこの種の情報を収集する理由についての説明、第三者との情報の共有に関するウェブサイトの運用方法、訪問者や顧客が関連するプライバシーの権利と個人保護法等に基づいて権利を行使する方法、未成年者のデータ収集に関する特定の運用方法など。


詳しくは、当社ヘルプセンター記事「プライバシーポリシーを作成する」を参照してください。